EC-CUBEの基礎

ホーム > EC-CUBEの基本 > EC-CUBEの基礎

EC-CUBEの基礎

EC-CUBEトップ画面

EC-CUBEは、日本発のECオープンソースパッケージです。
高機能で拡張性の高いECサイトを、誰でも無料で使うことができます。

EC-CUBEとは、株式会社ロックオンが創業以来培ってきたECサイト構築のノウハウを凝縮し、オープンソースとして提供しているパッケージのことです。
いろいろなECサイトにて得られた経験をもとに構築されているので、とても実践的で高機能な仕組みが取り入れられているのが大きな特徴となっています。

そして、なによりも注目すべきところは、「日本発のECオープンソース」というところ。
ネットショップ運営にすぐに活用できるECパッケージが、EC-CUBEのWebサイトからいつでも無料でダウンロードできるほか、改良や機能追加がされた新しいバージョンだって無料でダウンロードして利用することができます。

また、カスタマイズや機能拡張も自由に行うことができるなど、利用者が運営やカスタマイズに積極的に取り組めるように作られたのが、EC-CUBEというわけです。

EC-CUBEにはこんな機能が組み込まれています。

EC-CUBEはその名の通り、「ECサイト構築用のパッケージ」として構築されています。
ECに特化した機能が充実しているので、とても快適なサイト運営が可能になっています。

商品管理画面

商品管理機能

商品を登録する機能はもちろん、「商品カテゴリ管理機能」や、色・サイズなどで商品を管理する「規格管理機能」など、モノを売る際にぜひとも欲しい!と思える機能が取り入れられています。

受注管理画面

受注管理機能

どの商品が売れて、現在どのような状態なのかを、管理画面上で確認することができます。
また、「未発送」「入金待ち」などの進捗状態のほか「銀行振込」「代引き」といったステータスも確認できるので、受注状態をEC-CUBEひとつでしっかりと管理することができます。

顧客管理画面

顧客管理機能

ECショップの会員を管理できるシステムも備わっています。 また、会員ごとにメルマガを配信する「メルマガ機能」もあるので、EC-CUBEではとても積極的なショップのPRが可能になっています。
会員を活かしたPRも怠らない、まさにECならではの機能!

売上集計画面

売上集計機能

この「売上集計機能」を使えば、商品別・期間別・年代別といった、いろいろな条件で売上の統計データを集計することができます。
しかも統計グラフを用いて表示してくれるので、ECサイト運営をデータ戦略で考えるのにもってこいの仕組みになっています。

そもそもオープンソースってなんだろう?
「オープンソース=フリーウェア=無料」ってこと?

オープンソースの特徴の一つに、誰でも無償でソースコードを改良し、再配布も自由に行えるといった点があります。
もちろん、営利・非営利にとらわれることなく、“自由”に使うことが出来る!ということです。

じゃあ何でもアリなのか?と言われると、そうでもありません。無償であるには理由があるのです。

オープンソースはそもそも、広く多くの人が開発に携わり、そのプログラム自体やそれを使う人々が発展していくことを目的としているもので、その上で大切にしなければならないルールが定義されています。
そして、そのルールをまとめたもののひとつが「GPLライセンス」と呼ばれるもので、簡単に説明すると、以下のようなものがあります。

  • プログラムは自由に改良、再配布が行えますが、配布先にもその権利が与えられる必要があります。
    みんな自由に使えるけど、あなたが再配布した場合、その人にも自由にも使わせてあげてね。ということです。
  • 元のソースコードの著作権利を保護するとともに、利用者に“誰の著作物か”を知らせる必要があります。
    元々作ってくれた人の権利を大事にしましょうということです。
  • 特定の人、利用方法に限定的であってはいけません。
    この人はだめ、こんな使い方は嫌い、ということがあってはいけませんよということです。
    また、このルールをどうしても守りたくない!という人の為に、EC-CUBEは商用ライセンスも用意しています。このライセンスを購入すると、GPLに定められたルールを適用せずに使用することができます。

どうでしょう、オープンソースの意味がちょっとだけ納得できましたか?
つまりは、いろいろな人の知識やアイディアが加わることで、どんどん機能が充実していくことをオープンソースは“期待している”のです。

個人の趣味でも良いし、グループでの取り組みでも良いし、営利的でも、そうでなくても、オープンソースはあえて”期待しているからみんな良し!”としています。

日本発のオープンソース、なんだかもっともっと発展させて、賑わせてみたい気分になりますね。

この「EC-CUBEの学校」が、まさしくそんな発展の場所になることを期待しています!

ECの「勝ち組」だけが知っている 売り上げUPの秘密はこちら